活用!輸入食品購入6サイト

とても美味しい輸入食品を購入する

今はとても多くの商品がインターネットを利用することで購入可能となっていますが、その中でも輸入食品を購入するにあたっては注意が必要になってきます。色々とある輸入食品の中でもどんなサイトで購入するのが良いのか、これは比較する必要があるでしょう。

こちらのサイトを確認してもらうとわかりますが輸入食品を購入するにあたり何をポイントにすべきなのか、またサイト独自の目線でランキングでも紹介しています。こちらのサイトを参考にしてもらえると素晴らしい輸入食品が購入できるでしょう。

輸入食品にとても詳しい人ならわかりますが、輸入食品に詳しくない人のためにいろいろな専門用語なども取り揃えているサイトに仕上がっています。輸入食品のサイトの比較ができるだけではなく、さまざまな情報を配信しているので参考にしてみて下さい。満足のいく食品が購入できます。

GALLEON

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • GALLEONなら輸入食品を通販で買うことが出来ます
  • GALLEONなら商品も幅広く取り揃えているので便利です
  • GALLEONならオリジナルレシピも教えてくれるので便利です

GALLEONなら輸入食品を通販で買うことが出来ます。そのため、いつもの日常で世界の本物の味を楽しむ事が出来ます。旅先で出会うことができる各国のお菓子や珍しい調味料、それからシェフが使うような本場の食材を買うことが出来て便利です。

それからGALLEONなら商品も幅広く取り扱っています。簡単に使うことが出来るレトルトの商品や缶詰、それからパンやシリアルだけでなく、調味料やドリンク等安全な商品が数多くあります。また、検索の方法もカテゴリ別になっているので、とても簡単です。

また、GALLEONなら、商品を使ったオリジナルのレシピも教えてくれます。ごはん物やパスタ、それからおかずやサラダ、スイーツまで、様々な本格的な味を自宅に居ながら楽しむ事が出来ます。

公式サイトはコチラ

KitchenGarden

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • 6000円以上で送料が無料になります
  • ランキングがお買い物の参考になる
  • 送料無料の商品が掲載されています

輸入食品を通販で購入出来るKitchenGardenでは、6000円以上の買い物で送料が無料になります。あと少しで6000円になるという方のために、残り金額別で商品が検索できるカテゴリも設けられており、ちょっとした便利機能として使用することが出来ます。

今どのような輸入食材がみんなに選ばれているか知りたいという方のために、KitchenGardenの通販サイトではランキングの紹介もあります。このランキングを参考にお買い物をするのも楽しいのではないでしょうか。

送料が無料になる商品の掲載もあるのでこちらもとても参考になります。その他プチギフトの紹介など様々な紹介があり、こちらもお買い物と同時にチェックしてみると良いのではないでしょうか。

公式サイトはコチラ

ダイニングプラス

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • ヨーロッパを中心とした輸入食材が豊富です
  • アウトレット品の提供もあります
  • 注文金額が7000円以上で送料が無料

輸入食品のダイニングプラスではヨーロッパを中心とした食材を通販で注文することが出来ます。普段なかなか店頭で売られていない食材が豊富に提供されているので、楽しみながらお買い物をすることが出来るでしょう。

ダイニングプラスではアウトレット品の提供もあります。パッケージの不良などの商品なので、中身はおいしく味わえて、それでいて価格が安いのでかなりお得に買えるという魅力があります。こまめにチェックしておくことをおすすめいたします。

通販でのお買い物の場合、どうしても気になってくるのが配送料です。ダイニングプラスではお買い物金額が7000円以上だと配送料が無料になります。お買い物の際に覚えておくと良いでしょう。

公式サイトはコチラ

ワールドプラザ

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★
情報充実度 ★★★★★

ポイント

  • ワールドプラザなら輸入食品や調味料などを通販で買うことが出来ます
  • ワールドプラザなら商品の検索も簡単です
  • ワールドプラザなら10800円以上の購入で送料無料になります

ワールドプラザは、輸入食品や世界のお菓子、それから調味料など世界の美味しさを通販で買うことが出来ます。また、価格もリーズナブルなので初めての方でも安心して利用をする事が出来ます。こちらなら、2000年から18年の信頼があるので安心です。

それからワールドプラザなら、輸入食品や調味料を探したい時でも簡単に検索をする事が出来ます。カテゴリ別になっているだけでなく、海外旅行おみやげなども揃っているので買い忘れた時や、再度買って食べたい方に便利です。

それからワールドプラザなら商品の購入が10800円以上の場合に送料無料になるのでお得に買うことが出来ます。しかも最短で翌日には配送をしてくれるので急ぎで欲しい方にも便利です。

公式サイトはコチラ

カルディコーヒーファーム

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
利用しやすさ ★★★★
情報充実度 ★★★★

ポイント

  • カルディコーヒーファームは輸入食品とコーヒーを通販で買うことが出来ます
  • カルディコーヒーファームならオリジナルのレシピなども教えてくれるので便利です
  • カルディコーヒーファームならポイントも貯まるのでお得です

カルディコーヒーファームなら輸入食品やおいしいコーヒーを通販で買うことが出来ます。そのため、世界各国の味を自宅で楽しむ事が出来る他、ちょっとだけ味わってみたい方や普段使いに、それからギフトのために購入したい方に役立ちます。

カルディコーヒーファームなら、輸入食品の種類も豊富にあります。コーヒーや紅茶、それからお菓子やパスタ、また、調味料など数多くあります。それから、こちらなら、お試しサイズのものからお得サイズまで揃っているので便利です。

それからカルディコーヒーファームならお買い物の際にも会員登録をする事でポイントが貯まります。それによって次回の買い物がお得になるだけでなく、お得な情報も知ることが出来て便利です。

公式サイトはコチラ

そのべネット

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★
利用しやすさ ★★★★★
情報充実度 ★★★

ポイント

  • 会員登録をすれば購入金額に応じてポイントがつき、そのポイントは支払いに使うことができます
  • 過去1年間の購入金額に応じて購入金額の割引が発生します
  • 支払いについてクレジットカード払いからクロネコヤマト後払いサービスまで様々な方法が用意されています

そのべネットは輸入食品の通販と配送を行っています。業者への卸売りだけでなく個人客への販売をしています。ホームページ上で入会金や年会費無料で会員登録をすることができます。商品を購入するたびにポイントが付与されます。そのポイントを貯めておけば、次回以降の注文の時に支払いに使うことができます。

そのべネットでは、過去1年の購入金額に合わせて会員をクラス分けしています。プレミア会員・プラチナ会員・ゴールド会員・シルバー会員・ブロンズ会員・レギュラー会員に6種類に分けられています。このクラスに応じてポイント還元率に差があります。クラスに合わせて割引率も設定されていて、クラスが上がればそれだけポイントも多くなり、割引率が高くなります。

商品の購入金額が10000円以上で商品の配送の料金は無料になります。また、代金の支払い方法は、個人のお客様は代金後払いサービスが用意されています。購入金額10000円以上は手数料は無料となります。ただし、後払いのための審査が必要になります。すべてが使える決済方法は代引、銀行やゆうちょ銀行での前払い、クレジットカード払いが設定されています。ただし、代引の場合は手数料324円が必要になります。しかし、購入金額10000円以上の注文は代引手数料は無料になります。

公式サイトはコチラ

時折食の安全性を脅かす輸入食品トラブルを凌いで益々増大する海外依存

我が国が各産業の事業活動に必要な原材料やエネルギー源を国内に殆ど持たない国でありながら昭和30年代から高度経済成長を始めると急速に経済力が強まってきました。国力の上昇により円の力が急速に強まってくると海外からものやサービスを購入することが楽にできるようになりました。おかげで、我々の生活も豊かになり、今ではどこの家庭でも日常生活に必要なものを一通り揃えることができて、便利な生活を送れています。食べ物に関しては飽食の時代と言われるくらい、食べたいものが何でも手に入る状態が続いていて、消費者は大災害等に直面しなければ物不足を微塵も感じることがありません。世界各地では気候変動の影響を受けて農産物の生育不良が報道されても商社等の輸入元が輸入ルートの多元化を図って国内における食品生産に必要な農産物や原材料の確保に奔走しているからです。

こうして、つい最近まで消費者の購入する食料品は殆どが国内生産品で占められていました。ところが、最近は国内企業が安い人件費を求めて中国始め、東南アジア諸国へ生産拠点を移転する方針に積極的なため、次第に消費者の購入する食品が輸入食品化しています。もちろん、輸入食品といっても日本企業が現地企業に資本参加したり、日本人技術者が現地生産に携わっているケースが多いので、日本人の嗜好に合った食品が輸入されているはずです。日本の食品安全規格上、成分や添加物等のチェックには厳しいサンプル検査が行われています。従って、安心して食卓に乗せられる食品のみが輸入食品として国内に流通しているわけです。実際に食の安全性を脅かすトラブルは頻発する事態でありません。ゼロになっていない点に消費者は留意しておく必要があります。

しかしながら、海外で生産された様々な加工食品の輸入が年々増えていることに驚かされます。スーパーマーケットで購入する野菜でさえも世界各国の生産地名が記載されて店頭に並ぶことが珍しくなくなっています。消費者の食べ物は世界中の国に依存する傾向が益々強まっていることが実感できます。従って、今後も新たな国から輸入される新たな食品がスーパーマーケットの店頭に益々並んでくる時代ですから、食の安全性への不安の尽きることがありません。また、レストランや食堂等で提供されるメニューに使われる食材は国内の原材料だけなのか、輸入食材を使っているのか、利用者には殆ど分からない状況です。利用者は食材の安全性について利用する店舗を信頼して食べるわけですから輸入食品も国内メーカーの食材と変わらぬ信頼感を持てることが不可欠です。

カテゴリー

上へ戻る