リクナビの掲載で資料を請求してみる

求人募集をしたいが初めてなので方法が分からない、求人募集をしているがなかなか来ない、そんな悩みを持っている経営者は多いのではないでしょうか。現代はインターネットが普及しており、職を探すのもインターネットを利用するということが増えています。もし求人が紙媒体のみだったり、ハローワークのみの場合は、インターネットを利用した求人募集も選択肢に入れるほうがいいでしょう。しかし、インターネットでの掲載といっても、どこのサイトに求人を載せればいいのか分からない、という悩みも出てくる可能性もあります。そんなときはリクナビを利用してみるのはどうでしょうか。リクナビなら初めての求人でわからない方でも、しっかりとしたサポートがあります。またリクナビを利用しているユーザーも多いので安心です。リクナビへの掲載を考えて、資料を請求してみるのもいいのではないでしょうか。

リクナビに掲載するまでに、企業がしておくこと

リクナビの資料請求をして掲載を決めたのなら、どのようにしていけばいいのでしょう。まずはどのような人材を何人求めているのか、いつまでに必要か、予算はいくらくらいかを考えていきましょう。求人募集の理由が欠員が出る場合、どのような仕事ができる人が何人必要で、欠員が出るまでに必要だかどれくらいの予算で募集したいと、すぐに条件が頭に浮かぶかと思います。しかし、欠員が出るわけでなく人手が必要、人員を増やしたいという場合は、条件がすぐに思い浮かばないかもしれません。かと言ってぼんやりとしたイメージを伝えただけでは、なかなか欲しいと思う人材が来ない可能性もあります。しっかりと求人募集の内容を決めていき、掲載をしましょう。また、掲載された後や掲載についての悩みなど、リクナビがサポートしてくれるので、積極的に利用するのもいいでしょう。

リクナビに掲載されたら、新卒者にどのように対応していけばいいのか?

リクナビは新卒募集をかける場合のサポート体制もしっかりと整っています。例えば、リクナビに掲載されて待っているだけでは、募集があっても欲しい人材が来るとは限りません。そんな時にはリクナビのリクルーティングアドバイザーに相談してみるといいでしょう。掲載される際の原稿についてのアドバイスについてはもちろんのこと、どのくらいの頻度で会社説明会を行えばよいか、採用スケジュールをどのように組んでいけばよいかなど、初めて新卒採用を考えている企業の方にもわかりやすく説明してくれるサポートをしてくれます。また、合同企業説明会などに参加もできるので、ウェブ上だけではなく直接学生と出会うこともできます。このように企業が欲しい人材を採用できるよう、サポート体制が整っているリクナビに求人広告を出してみる事を、選択肢の一つとして選んでみてはどうでしょうか。